【秘密】任意整理中でも即日融資でお金を借りるならファクタリング

任意整理中に即日融資 即日融資について

任意整理中のお金の工面ってどうしていますか?

クレジットカードの審査であるとかカードローンの審査に落ちてしまったこともあるのではありませんか?

任意整理中だってお金は必要ですよね。

生活をしていなかければならないわけですから。

「任意整理中でも借りれる(即日融資してくれる)金融業者はないの?」

「任意整理中でも借りれる銀行はないの?」

「業者側に任意整理中であることがバレることなく借入できないの?」

いろいろな疑問を持っている方もいるでしょう。

こちらでは任意整理中でも即日融資をしてもらう方法はないのか、ということについて詳しくお伝えしますね。

任意整理中にはお金を借りにくい

任意整理中に即日融資

任意整理中ということは、要は金融事故を現状で起こしている状態になるわけです。

金融事故ですが、任意整理以外にも自己破産や個人再生、さらには特定調停などがあります。

要は借金が予定通りに返済できずに、減額してもらったりゼロにしてもらったりすることを指しているんですね。

借金が予定通りに返済できない方にお金を貸すような奇特な業者はあるでしょうか?

普通に考えればありません。

しかも大きな問題は「任意整理中」というところにあります。

任意整理をしてから時間が5年以上経っていれば「時効」ということで借り入れできる可能性もあります。

でも現在進行系なので、即日融資を受けるのは基本的に無理なのです。

任意整理の時効とは?

任意整理をしたとの情報が個人信用情報から削除されるまでには、5年から10年かかることが分かっています。

債務整理をおこなってから、5年から10年はお金をかりるのが難しい状況になってしまうわけです。

それどころかクレジットカードを作るも難しくなりますよ。

任意整理をした情報が個人信用情報に記載されているか、それともいないのか、ということについてですが、JICCやCICなどの個人信用情報機関に問い合わせをおこなってください。

自分の個人情報を取り寄せられます。

もしも記載がなければすでに情報は削除されており、即日融資してもらえる可能性が出てきますよ。

黙っていればバレないのでは?

任意整理中であることを黙っていたとしても100%発覚してしまいます。

消費者金融は審査を行うときに必ず個人信用情報を取り寄せます。

そこで債務整理した事実が発覚してしまうことに。

もちろん消費者金融だけではなく、クレジットカード会社などの信販業者であるとか銀行も個人信用情報はチェックしています。

お金を借りようとしたら個人信用情報からは逃れられないのです。

中小消費者金融なら大丈夫との情報があるが審査には通りません

審査難易度は大手の消費者金融よりも中小の消費者金融の方が低めに設定されています。

そもそも中小の消費者金融は大手の消費者金融の審査に落ちてしまった方に対して融資を実行している事が多く、大手よりも厳しくしてしまうとビジネスになりません。

だからといって「任意整理中の人にまで融資を行うのか?」と聞かれれば答えは「NO」です。

確かに中小の消費者金融は柔軟な審査を実施してます。

でも個人信用情報は大手と同じくチェックしているんですね。

ですから任意整理が現在進行中であることが分かってしまうんです。

中小の消費者金融とはいえ、お金が返ってくるかわからない相手に対してまで融資を行うことはありません。

任意整理が終了し、一定の返済能力がある、と認められたら話は別ですが、現在進行系で任意整理をしている場合には中小の消費者金融も利用できないのです。

どうしてもお金が必要なら給料ファクタリング

給料ファクタリングは融資ではないので、任意整理中であったとしても利用できる可能性があります。

任意整理中で利用できないのは、あくまで融資なんですね。

融資って審査では何を重視されると思いますか?当然「返済能力」です。

業者側に返済能力を高く価されていれば、融資してもらえる可能性が極めて高くなるのです。

でも任意整理中ということは、現在進行系で融資されていたお金の返済が予定通りにできなかった、ということになるわけ。

全く返済能力が証明できないんですね。

返って返済能力がないことを明らかにしてしまっているのです。

これでは借入できなくても当然です。

ではなぜ給料ファクタリングなら利用できるのでしょうか?

そもそも給料ファクタリングというものは、給料の受け取る権利を売却する、ということです。

融資ではないので返済はありません。

給料を業者側が受け取ればOK、となるわけです。

だから返済能力は全く関係ありません。任意整理をしてようが個人再生を利用してようが利用できることに。

給料ファクタリングで関わってくることといえば、会社の信用程度です。

会社の経営が安定していれば、いきなり給与の未払いが発生することもありませんよね。

ブラックでも大丈夫な給料前借り代行サービスについての情報
給料ファクタリングという給料前借り代行サービスがあります。どうしても給料日前にお金が足りなくなってしまった場合でもこの給料ファクタリングを利用すれば会社にバレずに給料を前借りすることが可能です。ブラックの人でも給料ファクタリングなら利用可能なので給料前借りしたい人にはオススメの方法です。

業者側としては給与の未払いが発生することを恐れています。

しかし給与の未払いってちょっとやそっとのことでは起こりません。

だから給与ファクタリングは圧倒的に利用しやすいのです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました