運転免許以外で即日融資が可能な身分証明書は

運転免許以外で即日融資が可能な身分証明書 即日融資について

即日融資を受けるために絶対的に必要なのは身分証明書です。

申し込みを行っている人がどこの誰なのかが明確でなければ、業者がお金を貸してくれるはずがありません。

その身分証明書で必要になってくるとされているのが運転免許です。

でも運転免許を持っていない、という方もいますよね。

自動車はもちろんバイクや原動機付自転車(原チャリ)の免許を持っていない人もいるはずです。

そこで気になってきてしまうのが運転免許以外で即日融資を受けられるのか、という部分。

もし即日融資が受けられるのであれば、どのような身分証明書であれば対応してもらえるのでしょうか。

こちらでは運転免許以外で即日融資をして貰う方法について詳しくお伝えしますね。

結論を先に言えば、運転免許証以外で一番身近な即日融資が可能な身分証明は「保険証」が一番確実でオススメですよ。

免許を取っていない場合にお金を借りる身分証明書は

免許証以外の身分証明書

  • パスポート
  • 保険証
  • マイナンバーカード
  • 住民基本台帳カード
  • 特別永住者証明書
  • 在留カード
  • 公的証明書類

などが挙げられます。

ただし上記の身分証明書に記載されている住所と実際の住所が異なっている場合には、さらに書類を提出しなければなりません。

現住所が記載されている電気料金の明細書であるとかガス料金の明細書などの公的料金領収書です。

引っ越しした直後は、身分証明書の住所がそのままになっているケースも珍しいわけではありません。

よってその場合には現住所を証明できる書類を前もって準備しておくのがおすすめなのです。

提出に手間取ってしまうと、審査に時間がかかってしまい即日融資ができなくなる可能性もありますよ。

身分証明書なしでもお金は借りられるの?

まっとうな業者であれば100%無理です。

闇金のような業者であれば、審査もそれほど行わずに貸してくれるかもしれません。

しかし闇金から借りるなんて、そんな恐ろしいことはできませんよね。

確かに消費者金融は担保も必要ありません。

保証人も不要です。

だからといって本人の確認が疎かにされることはありません。

融資は融資される本人に大きく関わってくるからこそ、本人確認書類である身分証明書が重視されるのです。

業者としては、どこの誰に貸しているかを知らなければ、返済が滞ってしまったときにどこに取り立てに行けば良いかもしれません。

身分証明書を受け取っていなければ、夜逃げされてしまう可能性が極めて高くなってしまうんですね。要は貸し倒れが発生してしまうわけ。

そんな恐ろしい橋を業者が渡るはずがありません。

身分証明書なしでお金を借りことはできないのです。

身分証明書の中で最もおすすめなのは社会保険証って本当?

免許証以外で最もおすすめかどうかまでは断定できませんが、融資して貰える確率が他の証明書よりも高くなる可能性があることは確かです。

健康保険証は大きく分けると2つありますよね。

  • 社会保険証
  • 国民健康保険証

そもそも社会保険証は企業に勤めている人が発行してもらえる保険証で、職場の情報も記されています。

要はその社会保険証だけで在籍確認が取れてしまうほどの書類なのです。

一方の国民健康保険証はアルバイトやフリーター、さらには自営業や個人事業主などの不安定な生活をしていると見られている人が持っているものです。

よって業者は社会保険証を持っている人のほうが収入が安定していると判断し、審査で重視しているわけです。

顔写真は必要なの?

融資を受けるだけであれば、必ずしも顔写真月の身分証明書は必須ではありません

そもそも身分証明書の一つとして機能している保険証って顔写真がついているでしょうか?ついていませんよね。

ですから必ずしも身分証明書に顔写真は必要ないのです。

ただし顔写真ありの証明書のほうが重視されるケースも有ることは確かです。

顔写真ありの証明書のほうが、消費者金融から信頼してもらいやすい、といった特徴があります。

店舗申込みであれば、身分証明書に掲載されている写真と申し込みに来た本人が一緒であるかが確かめられるわけですよね。

全くの別人が申し込みにきている可能性だって消費者金融の審査ではあり得ることなのです。でも写真が掲載されていることで名義貸しのような詐欺を防ぐことも可能になります!

即日融資に対応している身分証明書

基本は運転免許証です。
運転免許以外となると、

  • 運転経歴証明書
  • 保険証
  • マイナンバーカード
  • パスポート

などとなります。

ただし業者によって対応には差があるので、確実とは言えません。

前もって運転免許証が提出できないことを告げ、それでも即日融資をしてもらえるかを確認してから申し込みを行うべきです。

ちなみに高額の申し込みになると身分証明書以外にも収入証明書類が必要とされることがあるので注意してください。

特に50万円を超える限度額で契約しようとしている方は必須となります。

収入証明書類としては以下のようなものがあります。

源泉徴収票
給与明細書
市民税・県民税額決定通知書
所得証明書
確定申告書

収入証明書類によって消費者金融側は返済能力をチェックしているわけです。
返済能力が一定以上ある、と判断してもらえなければ融資してもらえることはありません。高額の借り入れを狙っている方は一定以上の収入が必須なのです。

まとめ

運転免許証以外で一番身近な即日融資が可能な身分証明は「保険証」が一番確実でオススメです。

その中でも社会保険証であれば勤務先の確認もできますし、免許証に一番近い証明書と言えます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました