総量規制対象外で即日融資可能なのはおまとめローンとファクタリング

総量規制対象外で即日融資 即日融資について

「総量規制オーバーしてるけど即日融資を受けたい!」

「総量規制対象外の街金が知りたい!」

「総量規制以上に借りたい!」

上記のようなことを考えている方も多いのではありませんか?

総量規制とは年収の3分の1を超える借り入れを禁止するものです。
要は、年収が300万円である方は100万円を超えた借り入れはできないということです。

すでに総量規制に達している方でお金を借りなければならない、という状況に追い詰められてしまった方は困ってしまいますよね。
しかも、「どうしても当日中にお金を借りたい」という状況の場合もあるでしょう。

こちらでは総量規制対象外で即日融資してくれる業者はあるのか、ということをテーマにお伝えします。

総量規制オーバーで融資してくれる消費者金融はない

総量規制対象外で即日融資

まず最低限知識として持っておいてほしいのが、消費者金融で無担保でお金を借りるということは総量規制の対象である、という部分です。

なので総量規制対象外で貸してくれることは基本的にありません。

もちろん即日融資でお金を貸してくれることも基本的にはないのです。

総量規制はなぜ生み出されたのでしょうか?

実は多重債務で悩んでいる方が急激に増えてしまい、債務整理をすることが多くなってきたんですね。

不況などの影響もあり、社会的な問題になってしまったのです。

総量規制ができる前は、貸し出す側の判断でいくらでも融資ができました。

よって返済が難しいほどの額を借り入れして路頭に迷うケースもあったわけです。

借金が原因で自殺する方もあとを絶ちませんでした。

国としても黙って見過ごすわけにはいかず、総量規制というカタチで借金の上限額を決めることになったわけです。

ただし全ての金融業者に総量規制が関わってくるわけではありません。

総量規制対象外の業者もあります。

総量規制対象外!?銀行カードローン

実は銀行は総量規制の対象外となっています。

年収の3分の1を超える融資をすることもOKとされているのです。

しかし銀行カードローンにも大きな問題がります。

  • 即日融資に対応していない
  • 審査が厳しい

などです。

そもそも銀行カードローンは即日融資に対応しておらず、審査に時間がかかってしまいます。

さらに審査難易度が高く、消費者金融よりも借り入れは難しいのです。

すでに総量規制に到達するほどの借金をしている方が銀行カードローンの審査を突破するのは極めて難しいという事になります。

よって総量規制対象外であったとしても銀行カードローンはおすすめできないのです。

おまとめローンは総量規制対象外

消費者金融であったとしても総量規制の対象外で融資してもらえる可能性があるものもあります。
おまとめローンです。

おまとめローンとは、複数ある借金を一括化するものです。

例えば全部合わせて200万円の借金があるとします。

消費者金融や信販業者などのおまとめローンで200万円の融資を受け、現状の借金を全て返済します。

要は借金の乗り換えを行うわけですね。

一応はお金を借りたことになるのですが、自分に自由なお金が提供されるわけではありません。

返済する目的だけに使えるお金が融資されるわけです。

一般の借り入れとは異なるので、総量規制の「例外」として認められています。

総量規制には以下のような例外貸付に分類されるものがあります。

①顧客に一方的に有利となる借換え
②借入残高を段階的に減少させるための借換え
③顧客やその親族などの緊急に必要と認められる医療費を支払うための資金の貸付け
④社会通念上 緊急に必要と認められる費用を支払うための資金(10万円以下、3か月以内の返済などが要件)の貸付け(以下略)

出典:日本貸金業協会 「2 総量規制にかかわらず、お借入れできる貸付けの契約があります」より(https://www.j-fsa.or.jp/association/money_lending/law/total_regulation.php

上記の例外の中で、おまとめローンは「①」に該当します。

「なんでおまとめローンは【①顧客に一方的に有利となる借換え】に該当するの?」と不思議に思っている方もいるでしょう。

そもそもおまとめローンって、もともとのローンの金利と比較して低くなるケースがほとんどなんですね。

よっておまとめローンを利用すると返済総額が基本的に少なくなるんです。

だから【①顧客に一方的に有利となる借換え】に該当するのです。

総量規制など関係ないのが給料ファクタリング

おまとめローンではなく自由になる資金を即日調達したい」という方におすすめなのが給料ファクタリングです。

おまとめローンは自分の懐にお金は入ってきません。

でも給料ファクタリングは総量規制の対象外というだけではなく、自由になる現金が得られることに。

では、そもそも給料ファクタリングって何なのでしょうか?

実は将来受け取る権利のある給料を売却する、というものです。

だから給料ファクタリングは借り入れではなく総量規制は全く関係ありません。

仮にあなたが毎月30万円の給与を受け取っているとします。

その場合に来月給料を受け取る権利を25万円で売却しました。

すぐにあなたの手元に25万円が入り、来月の給料は業者側が受け取ることになる、というわけです。

簡単に言ってしまえば給与の前借り、といった感じですね。

ブラックでも大丈夫な給料前借り代行サービスについての情報
給料ファクタリングという給料前借り代行サービスがあります。どうしても給料日前にお金が足りなくなってしまった場合でもこの給料ファクタリングを利用すれば会社にバレずに給料を前借りすることが可能です。ブラックの人でも給料ファクタリングなら利用可能なので給料前借りしたい人にはオススメの方法です。

債権の売却のようなものなので、年収の3分の1を超える借り入れがあったとしても問題なく利用できますよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました