鹿児島で多重債務でも即日融資を受けられるところはある?

多重債務とは 複数の業者から借り入れをしており、返済が困難になっているという状況のことをいいます。そして、生活費の不足分を借り入れたことから多重債務者になるケースが多いのです。

そのきっかけとなるのが、低収入や収入の減少が挙げられています。生活費や教育費などを補うという目的で借り入れるうちに複数の借入先から融資を受けていたということになっているケースが多いといわれています。このことは全てのケースにあてはまるというわけではありませんが、目の前の借金を返済できず、他から借り入れたお金で返済していく状態が多重債務に陥るメカニズムです。

多重債務だと貸金業者から借りにくくなるといわれています。大手消費者金融や銀行などからは借りにくいといわれています。しかし、定収入や返済能力があるということで融資を行う業者も存在する場合もあり、多重債務でも中小消費者金融から借りているという人などもいるといわれます。

低収入は公務員や会社員だけでなく、自営業を行っている人やパートやアルバイト、派遣社員でも問題はないといわれています。返済能力は、既に借り入れをしているところに対し返済が遅れていないかどうかということになります。

過去3ヶ月くらいが目安といわれます。これらの定収入と返済能力をクリアしていると金融機関から融資を受けられる場合があるのです。

しかし、個人向け貸付けについては消費者金融は借り入れの総額が既に年収等の3分の1以上になっているという場合には総量規制の対象となっていますので貸してもらうことができません。

そのため、総量規制の対象外である借り換え(おまとめローン)などを利用するか債務整理を行うという方法を検討するということになるといえます。

鹿児島でもこのような法律が適用されており、消費者金融は年収の3分の1を超えている人には融資はできないのです。

鹿児島には中小消費者金融なども集まっています。しかし、これらは鹿児島の市内に集中している傾向があり、鹿児島内に住んでいた場合でも自宅から遠くて来店が難しいということや絶対借りられる保証もないのに手間をかけたくないということも多いといえます。

鹿児島で多重債務でもお金を借りれる金融会社

なんぎんリース株式会社
鹿児島県鹿児島市中央町26番18号 電話番号:0992061601
株式会社キャネット
鹿児島県鹿児島市千日町1番7 砂守ビル2階 電話番号:0992223323
株式会社エヌシーガイドショップ
鹿児島県鹿児島市東千石町2番30号 電話番号:0992225151
株式会社ブレイン
鹿児島県鹿児島市泉町5番7号 電話番号:0992956678
株式会社鹿児島カード
鹿児島県鹿児島市山之口町1番10号 電話番号:0992232011
株式会社新都コーポレーション
鹿児島県大島郡徳之島町亀津5150番地 電話番号:0997830114
株式会社天空
鹿児島県鹿児島市春日町10番17号2F 電話番号:0992486477
株式会社南日本新聞折込センター
鹿児島県鹿児島市南栄三丁目6番地8 電話番号:0992688222
鹿児島リース株式会社
鹿児島県鹿児島市山之口町1番10号鹿児島中央ビル6階 電話番号:0992252455
南国ファイナンス株式会社
鹿児島県鹿児島市中央町18番地1 電話番号:0992505218
有限会社プラス(キャッシングローンわかば)
鹿児島県奄美市名瀬港町4番16号小久保ビル2F202号室 電話番号:0997536441
有限会社伊佐信販
鹿児島県鹿児島市荒田2丁目40番9号田口ビル2F 電話番号:0992565361

そのような時にはWEBで申し込みをすることが可能になっているところもあります。

中小の消費者金融には多重債務者への融資も総量規制の範囲内なら可能で、全国対応の来店不要のサービスを提供していることもあります。また、即日振込融資サービスに対応している場合もあり、指定の銀行口座へ即日振込みしてくれる金融会社も存在します。

利率は高めに設定されているけれども即日で融資が受けられる金融会社などもあるといわれます。

WEBで申し込みができることで自宅から簡単に申し込め、来店する面倒もありません。多くの業者では14時までの申し込みで審査に通過すれば、その日のうちに指定口座への振込みするサービスを提供しているといわれます。

複数の借入先から融資を受けているという場合、新たな借入れ先を探して借り入れしても、その場しのぎにしかならず借金は減らずに雪だるま式に増えていくということになりやすくなります。

しかし、信用情報を汚したくない、債務整理したくないという場合は借入先を増やすのではなく借り入れをまとめるという方法が勧められています。

おまとめローンや借り換えローンを活用することで、借り入れを一社にまとめ、毎月の返済額を軽くできるというメリットがあるのです。

また、借り換えなら総量規制の対象外と習い、年収の3分の1を超える場合も認められます。

このような融資を行っているところには審査まで最短2時間で融資まで最短1日といった即日融資をしているところもあり、計画的に返済ができるよう国家資格をもつ相談窓口の担当者が最適な返済プランを一緒に考えてくれるというところもあります。

ただ、このようなローンを借りることができなかった場合は、債務整理を検討してみるということは一つです。債務整理は任意整理と民事再生、自己破産という3つの手続方法があります。また払い終えた借り入れに対する過払い金返還請求という方法などがあり、これまで行ってきた借り入れを整理するという手続きになります。

多重の債務状態になると、借金額はどんどん増え、雪だるま式に膨らんでいきます。

そのため、このような状態を一度仕切り直していくという点からも債務を整理するという方法が設けられています。債務整理を行う場合には弁護士などに相談して行っていくということになります。

生活費の不足分を借入れる前に、できるだけ家計の改善につとめるということから始めていくということはポイントです。

鹿児島で複数の借入先から借り入れている人にも貸してくれる金融会社なども探すことで見つけることができるかもしれません。複数の借入先から融資を受けているという場合には計画的な返済を心がけることがポイントといわれます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました