東京都で少額融資対応してくれる不動産担保ローンの金融会社

東京都にお住いの方で、不動産担保ローンは不動産を担保にするため、かなりの高額融資を受けることが可能です。

高額に対応しているタイプだと数億の融資が可能な金融会社もあるほどで、住宅ローンの代用にしたり他社借入金を完済したりするのに利用する方が多いです。

少額融資対応してくれるところは少ないですが、東京都では、50万円くらいから対応しているところがあります。

いずれのローンも総量規制の対象になることはないので、年収の3分の1以上を借りることが可能です。

消費者金融のカードローンやキャッシングとの違いは、総量規制による融資制限がないことです。

不動産担保ローンもカードローンも利用目的は自由に設定されていることが多いですが、後者は総量規制の対象になります。

正確に言えばノンバンク系金融会社の多目的融資は年収の3分の1以内までしか借入できないわけです。

不動産担保ローンを提供する会社も多くがノンバンク系ですが、不動産を担保に入れる性質により通常のカードローンやキャッシングとは利用条件が異なっています。

不動産の価値に応じた融資額になるため、個人の返済能力以上に不動産価値が重視されます。

不動産の評価額の70%程度が借入できる最高額となるので、例えば1,000万円の不動産を有している方は700万円程度まで借りることが可能です。

少額融資対応の不動産担保ローンなら、カードローンやキャッシングを利用するのと変わりないと思うかもしれません。

確かに金利を比較すると大差ないことが多いですが、審査の通過率が高いというメリットがあります。

カードローンやキャッシングなどの多目的融資は個人の返済能力を元にして借入するローンのため、安定した返済能力がないと借りることはできません。

これに対して不動産を担保にする場合は、担保を入れるので審査の通過率が高くなるわけです。

もちろん不動産を有していなければ利用できませんが、当面の期間において使用しない不動産がある方には最適でしょう。

50万円の借入だと金利は18.0%程度になることが多いですが、金融会社によっては15.0%以下で融資してくれるところもあります。50万円といえば少額融資と言えますが、多目的ローンとして考えると高額融資です。

初めてカードローンやキャッシングを利用する方は、30万円以下の融資になることが多いです。最初から50万円を借りるのはハードルが高いので、そうした方は不動産を担保に入れた借入が最適でしょう。

東京都にも、金融会社は数多くありますが、審査のハードルの高さは金利を見ると大まかにわかります。

金利が高く設定されているローンほど審査の通過率は高いと考えてよいでしょう。

逆に低金利のローンは利用者を厳選する傾向があるため、審査の通過率は低くなってきます。

ローンは低金利であるほど利息で有利になりますが、審査に通過できなければ意味がありません。

そのため審査のハードルをクリアできるローンの中で、最適なものを選んでいくのがおすすめです。

少額融資対応してくれる会社は初心者向けであり、50~100万円クラスの融資に積極的です。

これらのローンのメリットは気軽に借入できること、おまとめローンに適していることでしょう。他社カードローンなどを一本化するためには、それらと同額の借入が必要になってきます。

例えば他社から100万円の借入をしている場合、それを一本化または借り換えする必要があるわけです。

ローンのおまとめのためには総量規制の対象にならないローンを選ぶこと、今までより低金利で借りることなどが重要となります。

少額融資対応の不動産担保ローンは審査の通過率がそれほど高くありませんし、ローンをおまとめするのにも最適です。

東京都の不動産を担保で借りれる金融会社

総合マネージメントサービス 資金使途 融資額


自由 30万円~5億円
金利 返済期間
年利3.4%~9.8% 最長35年(1回~420回)
公式サイト
総合マネージメントサービス
つばさコーポレーション 資金使途 融資額


自由 30万円~5億円
金利 返済期間
年利3.4%~9.8% 最長35年(1回~420回)
公式サイト
つばさコーポレーション
日宝 資金使途 融資額


自由 30万円~5億円
金利 返済期間
年利3.4%~9.8% 最長35年(1回~420回)
公式サイト
日宝

金融会社を選ぶときは融資実績が豊富にあること、少額融資対応してくれることなどがポイントとなります。

審査のハードルが同じならば1%でも低金利で借りる必要があります。

少額融資なら高金利でも問題ないと考える方は多いですが、将来的に借入が増えてしまう可能性は少なくありません。

最初の段階では50万円の借入だとしても、将来的に数百万円まで増えてしまう可能性はあるでしょう。

そうなると1%の金利の重さを感じるようになるので、契約段階でいかに低金利で借りるかが重要となります。

原則として金利は初回契約の段階に決まった数値は、その後もずっと継続するものです。金利交渉をすれば下げてもらえると考えるかもしれませんが、実際は対応してくれないことが多いです。

そのため契約段階でいかに低金利で借入するかがポイントになってきます。

不動産担保ローンの上限利率は18.0%に設定されていることが多く、金利自体は消費者金融とあまり変わりません。

消費者金融の実質年率を見ても5.0%~18.0%という設定になっているでしょう。安心してローンを活用するためには、希望額を抑えることも重要になります。

希望額が少ないほど審査の通過率が高くなるのはすべてのローンに共通することです。